FC2ブログ
-->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ヒットロングラン記念トークイベント第一弾!

先日ブログでもご案内しました『ラースと、その彼女』大ヒットロングラン記念トークイベントの第一弾が先日行われました。
集合
ゲストは、文筆家のせきしろさん、そして、チャットモンチーなどのプロデュースで知られる、いしわたり淳治さんとビアンカです。

はじめ
Q:音楽プロデューサーと文筆家という観点から感想を聞かせてください。
いしわたりさん:「(音楽は)正直あんまり覚えてません」
せきしろさん:「ストーリーより映像が印象に残ってます。音楽よかったですよ(笑)」
と、冗談か本気かわからないトーク。

しゃべる
Q:印象的だったシーンを教えてください。
せきしろさん:「ビアンカとラースのすもうをとるシーンですね。」
いしわたりさん:「すもうのシーンよかったですね」
せきしろさん:「リアルドールがホンモノそっくりで、人形だってさっき知りました」
と、かすみをつかむようなトーク。MCは終始困惑気味。
※念のためですが、ビアンカとラースがすもうをとるシーンなどありません。

さわる
Q:ビアンカさんに触れてみていかがでしたか?
せきしろ:(ビアンカの腕に触れながら)人形なんだ、コレ。
いしわたり:ミニ四駆のタイヤみたい。

真面目なコメントももちろんいただけました。
Q:本作をご覧になった感想は?
せきしろ:いい映画でした。
いしわたり:びっくりした。ストーリーがきれいで、こんなこと書くひとがいるんだなと思いました。

Q:印象的なシーンは?
せきしろ:ビアンカが運ばれてくるシーン。空の灰色が混ざった風景ですね。
いしわたり:ビアンカが、マネキンとして仕事をするシーン。初めて町のひとたちにビアンカが受け入れられて、この町すごいなと。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://larsmovie.blog86.fc2.com/tb.php/58-359ed97c

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。