FC2ブログ
-->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ヒットロングラン記念トークイベント第三弾!

1月31日に行われました『ラースと、その彼女』トークイベントのレポートもお送りいたします!
様々なイベントを行ないました渋谷シネクイントでの上映も2月6日(金)までとなりました。
東京、渋谷での上映は2月7日からヒューマントラストシネマ文化村通り に変わってまだまだ
上映いたします!

それでは31日のイベントレポートをどうぞ!

なrんで
ゲストはコラムニストの辛酸なめ子さんと、本作のラースとビアンカフィギュアの制作も手がけていただいた、
フィギュアクリエイターのデハラユキノリさん

トーク中、「ラースの魅力がわからない」という辛酸さんの発言を受け、
「ラースと付き合ってもワタシいいわ!という方手を挙げて下さい!」と会場の皆さんに聞いたところ、
6人いました、6人。

なめこさん
Q:映画を観た感想は?
辛酸さん:「ギャグとかエロ系なのかと思ってみたら、感動ドラマだったのが意外でした。『40歳の童貞男』もそうでしたが、こういうタイプの男性がキレイな女性と付き合えるとかって、日本ではありえないことなので、
ハリウッドではよくあるのかなと...。」
デハラさん
デハラさん:「映画見てラースとビアンカのフィギュアを作ったけど、本来映画ってエロもあると嬉しいじゃないですか。でもかなりジーンときたんです。悔しいけどビアンカに情が沸いてきたんです。車の中のビアンカの横顔見て、『ビアンカのこと好きだ』と思ったんです。そこから入り込みました。エロがなくてよかったって思いました。ホントですよ、ぼく泣いたんですよ!この映画見て!」

二人で
Q:まだ観ていない人にオススメポイントを!
辛酸さん:「日本にたくさんいる"リアルラース"(※フィギュアや二次元の女性にしか興味がない男性のことと事前に言及)がこの映画を見ると、冷静に考えるきっかけになるんじゃないでしょうか。」

デハラさん:「デート向きですね。カップルで見たあとに、彼女に『いい映画だね。いい人しか出てこないよ』って言ったらかなり点数上がると思いますよ。」

手を!
イベント終了後、辛酸なめ子さんがビアンカの胸に手を突っ込んでいました・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://larsmovie.blog86.fc2.com/tb.php/60-ac9f14a5

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。